セルフリペアは自己責任でお願いします

再生部品工房のページをご覧いただき誠にありがとうございます。

近年の情報化社会の進化によりパソコンやスマホ等の電子機器の需要が急速に高まっています。そのため、業務に関してのパソコンの依存率が高く、機器の故障は業務に多大な影響を及ぼしてしまいます。
今までのように「壊れたら修理」という概念ではこの情報化社会に対応できないのも事実です。修理する場合、第三者に一旦パソコンを預けることになりますので、企業情報、個人情報の削除、及びデータのバックアップなどを事前に行い、修理期間中業務を行いことができなくなります。つまり業務停止状態になりますので、非常にビジネスロスを伴ってしまうのです。



昨今、パソコンはユニット式組み立てのものが多く、部品もアタッチメント式が多くなりました。そのため、部分的には個人でも自己修理(セルフリペア)で改善することが可能になりました。
できるところは自分で行い、ビジネスのロスを極力減らしていこうという考え方になっています。

ただ、自己修理(セルフリペア)は分解を伴いますので、コネクターの破損やショートなどでパソコンが壊れてしまったり、今まで動いていた部品が動かなくなったりすることが多大にあるのも事実です。
そのため、そのリスクとは常に隣り合わせですのでくれぐれも細心の注意を払い行うようにしてください。

セルフメンテナンス/セルフリペアは「安く修理ができる」ということで実施される方が多いですが、安易な考え方は「安物買いの銭失い」になりますので、くれぐれも注意して実施頂きますようにお願い申し上げます。

当ショップはセルフリペアができる方専用のショップになりますので、部品の提供のみです。それ以降に関するトラブルは一切対応できませんので、予めご了承ください。
もちろん、部品に対する不具合に関しては誠心誠意対応しますので、安心してご購入ください。
自信がない方は必ずメーカーのプロのサービスマンい任せることが良いと思います。簡単になったとは言え、パソコンが精密機械ということは変わりませんので、充分ご検討し、ご購入ください。

良く起こるトラブル

セルフメンテナンスは分解を伴いますので、最も多いトラブルがコネクター破損です。 ロックの解除を間違って破損します。

ピンの破損なども多いです。

ネジに関するトラブルも多いです。
下記はネジの長さを考えずに締めてしまった時に起こります。裏ネジが本体のパームレストを貫通してしまったものです。これは意外と多いです。

フラットケーブルがキチンとロックされてなかったため、キーボードが動かないなど、再度分解復元の手間が発生します。

キーボードのパンタグラフ修理で土台の爪を破損してしまったものです。こうなると復元不可能ですので、キーボードを丸替えしなければなりません。取り換え簡単なキーボードであれば良いですが、簡単に交換できないものであればメーカー修理になります。

このように精密機械のパソコンは非常に繊細に作り上げられています。ですから、細心の注意を払ってセルフメンテナンスを行わなければ意外な落とし穴にはまりますので、くれぐれも注意してください。

バルク品の品質チェック

現在、メーカーPCのパーツはほとんどが中国で生産されています。バルク品の場合はバイヤーが安く仕入れ、バルク部品として流通に乗せて販売していますが、中には運搬などの時に破損したり、大量生産の粗悪品等もあります。
製品版より取扱いが雑です。
基本「新品」扱いですが、中には破損しているものや、機能しないものなどがありますので、当ショップでは、バルク品に関してのみできるだけ動作チェックを行って販売しています。 動作チェックをしたものに付いては「検」マークを貼っていますので、安心ください。

ファンに関しては風量やノイズなどをチェックし、キーボードなどは打刻やパンタグラフの状態などを確認しています。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。