キーボードのキーが1個だけ壊れた時のちょこっと修理の基本

まずは、きちんと見極めましょう。
(1)外れただけなのか?
(2)部品交換だけで自分で治せるのか?
(3)専門家に頼むレベルか?

キーは キートップ、パンタグラフ、ラバードームの3つのパーツで構成されています。
それぞれに異常がないか?注意深く見て下さい。

(チェックポイント)

・3つのパーツ(キートップ、パンタグラフ、ラバードーム)は無くなっていないか?
・どこかに割れ、欠けはないか?
・土台の爪が曲がったり折れたりしていないか?

キートップの外し方はこちら。


1)(無傷)外れただけ ⇒ 付け直すだけ

全てのパーツに異常がなければ、付け直すだけでOK。
壊れたと思ったら、中にゴミが挟まっていただけというケースは多いです。
清掃して付け直せば元通り。

2)(軽症)パーツが壊れた又は無くなった ⇒ パーツ交換。

パーツ(パンタグラフ・キートップ・ラバードーム)を購入して交換して下さい。
パンタグラフ・キートップは完全に同じものでなければ適合しません。
必ず「パンタグラフ・キートップの探し方」のページを読んでから購入して下さい。

パンタグラフ・キートップの探し方はこちら

パンタグラフの破損例

最も壊れやすいパンタグラフ。
ヒゲが折れていないか?よーく見て下さい。

キートップの破損例

裏返して爪の破損をチェック!

ラバードームの破損例

あまり壊れませんが、いつの間にか無くなっていたり、ヘタってクッションが弱っている事が。

パンタグラフ・キートップの探し方はこちら

3)(重症)土台破損 ⇒ 専門修理

土台の爪が折れるとやっかいです。

多くの場合、キーボード丸ごと交換となるでしょう。

※当店でも交換用キーボードを販売していますが、慣れていない方はメーカーや専門修理店に修理をお願いするのが良いでしょう。
とりあえず使えれば何でも良い..そんな方には「苦肉の策」を検討してみては如何でしょう?

苦肉の策 その1

曲がっただけならドライバ等で(奇跡的に)爪を折り戻せるかもしれません。
どうせキーボード丸替えならばダメ元でチャレンジもアリです。

苦肉の策 その2

接着剤でラバードームにキートップを貼り付ける。使えさえすればいいという方へ

複数のキーに異常が見られる場合

キーボード全体かマザーボードの異常かもしれません。

慣れていない方はメーカーや専門店に修理を依頼した方が良いでしょう。
とりあえず使えれば..という方は外付けのキーボードを使うのも

パンタグラフ・キートップの探し方はこちら

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。