セルフリペアを安全に行うために

 

リペアのポイント

事前準備をしっかり!

作業の前に手順をしっかり把握し、曖昧なところがないようにしておきましょう。
必要な部品や道具は全部揃えておきましょう。

 

環境を整える

環境をしっかり整える事で成功率もぐんとあがります。

1)広く明るい場所で行う。
2)清潔な環境・・精密機械は内部にホコリがたまっていると故障が多くなります。分解したらついでに掃除もしておきましょう。
3)緩衝材などを下にしく・・プチプチやタオル、段ボールなどで良いです。

 

手元をしっかり見る

見えにくい場合は、拡大鏡などを使いましょう。手先の感覚のみに頼って雑に修理するのは失敗の元です。

 

記録をとる

本体を開けるような修理の場合、後で元に戻せなくなる事があります。そんな時、こまめにメモや写真をとっておけば安心です。

  環境

リペアの難易度

セルフリペアに不慣れな方は事前に手順を把握し、環境を万全にしてから行って下さい。
下の表の上級者用のリペアは、慣れていない方にはおすすめしません。メーカー、販売店、修理業者にお願いした方が良いでしょう。

 
難易度 リペアポイント
キーボードのキー修理
(パンタグラフ)
初中級 初心者OK
安価で修理が初めての方にも挑戦しやすく、最も注文が多い部品です。
土台の爪を折らないように!
キーボードのキー修理
(キートップ)
初級 初心者OK
キートップのみならば難易度は低いです。
但し、キーによっては少々手こずるものもありますので、取付動画などを見て下さい。
キーボード交換
(粘着式)
上級者 初心者NG
キーボード取り外しに注意!ボディへダメージ(傷、破損)を与えないように
キーボード交換
(非粘着式)
中上級 キーボード取り外しに注意!
バッテリー交換
(交換不可機)
初中級 初心者OK
ボトムカバー(裏蓋)のネジの紛失に注意。
※アースもしくは静電拡散グローブを付けて作業してください。
バッテリー交換
(脱着式タイプ)
初級 初心者OK
ゴム足交換 初級 初心者OK
リスクもないのでお子様でも大丈夫でしょう。
CPUファン交換 中級 ・ファンは長年使えば壊れるものですので、注文数も多いです。
・初めての方はブログや取付動画などを見ながら行って下さい
・ボトムカバー(裏蓋)のネジの紛失に注意。
・取付時コネクター破損に注意。
メモリ増設/交換
(交換不可機)
初中級 初心者OK
ボトムカバー(裏蓋)のネジの紛失に注意。
メモリ増設/交換
(メモリカバータイプ)
初級 初心者OK
メモリ仕様を必ず確認してください。
リカバリー作業 初中級 必ずリカバリークリエーターで専用ソフトを作成してください。
HDD交換 中級 データ移行及びOS移行は専用ソフトを使ってください。
SSD換装
(交換)
中級 データ移行及びOS移行は専用ソフトを使ってください。
wi-fiボード交換 中級 ボトムカバー(裏蓋)のネジの紛失に注意。
LANボード交換 中級 ボトムカバー(裏蓋)のネジの紛失に注意。
USBボード交換 中級 ボトムカバー(裏蓋)のネジの紛失に注意。
マザーボード交換 上級者 ・初心者NG
・マザーボード分解時に細かくスマホなどで写真を撮っておいてください。
・ネジ紛失注意(ケースに保管するなど)
液晶パネル交換 上級者 ・初心者NG
フレーム外しでは破損の危険があります。専用工具を使った方が良いでしょう。
コネクター破損に注意。

あると便利なもの

精密機械ドライバー/開腹ツール

「ドライバ」・・・100円ショップなどで販売されているもの程度で良いです。
小さなネジが多いので、ドライバーの種類がいろいろあると便利です。

「開腹ツール」・・・分解を伴う場合に非常に便利です。ボディにダメージを与えず、綺麗に分解できます。
これは当ショップでも取り扱っています。

   

ニッパー

細かいネジが固く回せない場合に効果的です。これも100円ショップなどで販売されています。

 

ネジ入れボックス

整理できれば何でも良いです。要はネジを紛失しないことと、どのネジがどこに使われていたのか?が分かるような管理ができれば良いです。こちらは100円ショップなどで販売されていました。

 

剥がせるシール

曖昧な箇所はこのシールを貼っておくと便利です。付箋紙でも良いのですが、こちらの方が小回りが利き、後から剥がせます。こちらの「きれいにはがせるシール」は100円ショップにありました。

 

拡大鏡

見えないまま「勘」に頼ると失敗します。良く見てリペアしましょう。こちらは当店でも取り扱っています。

 

帯電除去グローブ

リペアし易くなったとは言え、パソコンは精密機械ですので、こういうグローブを付けておくと保険になります。静電気は軽視しない方が良いです。こちらは当店でも取り扱っています。

 

スマホorデジカメ

分解が伴う修理であれば、その工程を写真に撮りまくってください。戻し方が分からなくなった場合、後から必ず助けてくれます。

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。