セルフメンテナンスは自己責任でお願いします

再生部品工房のページをご覧いただき誠にありがとうございます。
近年の情報化社会の進化によりパソコンやスマホ等の電子機器の需要が急速に高まっています。そのため、機器の故障は業務に多大な影響を及ぼし、修理に関してもデータのバックアップ、漏洩、修理期間など非常にロスを伴います。
従って、部品さえあれば自己修理(セルフメンテナンス)で改善するという需要が高まっています。
元エンジニアや電気の知識、機械に関する知識などを有する方であれば、昨今のパソコンはユニット式で非常にシンプルに作られていますので、ある意味修理が簡単です。
ただ、自己修理(セルフメンテナンス)は分解を伴いますので、コネクターの破損やショートなどでパソコンが壊れてしまったり、今まで動いていた部品が動かなくなったりすることが多いです。 そのため、自己修理(セルフメンテナンス)に慣れていない方は絶対に行わないでください。慣れている方でも細心の注意を払い行うようにしてください。
セルフメンテナンスは「安く修理ができる」ということで実施される方が多いですが、安易な考え方は「安物買いの銭失い」になりますので、くれぐれも注意して実施頂きますようにお願い申し上げます。

(下記のような内容は対応できませんので、予めご了承ください)
※購入した部品が原因でメーカーに修理する結果になったので修理代を請求できないか?と相談があります。当ショップもいろいろなトラブルに柔軟に対応していますが、流石にこれは対応できませんので、予めご認識ください。部品は再生部品やバルク、純正部品などいろいろありますが、取り付けて他の機能が破損したという事例がございません。
ただ、取り付け方でトラブルになる事例は多くありますので、そこへんをご理解頂き、メンテナンスを実施ください。
あくまでも当ショップは部品の提供でそれ以降に関するトラブルに関しては一切対応できませんので、予めご了承ください。
保証が必要な場合は必ずメーカー修理にてご相談ください。セルフメンテナンスに慣れてない方はプロに任せることが良いと思います。簡単になったとは言え、パソコンが精密機械ということはこれからも変わらないと思います。

良く起こるトラブル

セルフメンテナンスは分解を伴いますので、最も多いトラブルがコネクター破損です。 ロックの解除を間違って破損します。

ピンの破損なども多いです。

ネジに関するトラブルも多いです。
下記はネジの長さを考えずに締めてしまった時に起こります。裏ネジが本体のパームレストを貫通してしまったものです。これは意外と多いです。

フラットケーブルがキチンとロックされてなかったため、キーボードが動かないなど、再度分解復元の手間が発生します。

キーボードのパンタグラフ修理で土台の爪を破損してしまったものです。こうなると復元不可能ですので、キーボードを丸替えしなければなりません。取り換え簡単なキーボードであれば良いですが、簡単に交換できないものであればメーカー修理になります。

このように精密機械のパソコンは非常に繊細に作り上げられています。ですから、細心の注意を払ってセルフメンテナンスを行わなければ意外な落とし穴にはまりますので、くれぐれも注意してください。

バルク品の品質チェック

現在、メーカーPCのパーツはほとんどが中国で生産されています。バルク品の場合はバイヤーが安く仕入れ、バルク部品として流通に乗せて販売していますが、中には運搬などの時に破損したり、大量生産の粗悪品等もあります。
製品版より取扱いが雑です。
基本「新品」扱いですが、中には破損しているものや、機能しないものなどがありますので、当ショップでは、バルク品に関してのみできるだけ動作チェックを行って販売しています。 動作チェックをしたものに付いては「検」マークを貼っていますので、安心ください。

ファンに関しては風量やノイズなどをチェックし、キーボードなどは打刻やパンタグラフの状態などを確認しています。

PICK UP ITEMピックアップ商品

もっと見る

最近チェックした商品

最近チェックした商品はまだありません。